ゆっちのBlog » Twitter Developer アプリケーション登録

Twitter Developer アプリケーション登録

Computer Java JavaFX

Twitter Developer にてアプリケーション登録を行って

Consumer key
Consumer secret
Access token
Access token secret

を入手します。

サイトが昔とずいぶん変わってしまって迷子になってしまわないよにφ(..)メモメモ

まず、https://developer.twitter.com/ を開きます。

1

そして左上段の Docs にフォーカスして Documentation リンクをクリックして移動します。

2

左上にある Basics リンクをクリックしてでてくるコンテンツメニューの Authentication リンクをクリックして移動します。

3

4

移動したら Guides リンクをクリックします。

5

そして Access tokens from apps.twitter.com をクリックして Getting tokens from apps.twitter.com の項目の

apps.twitter.com をクリックして移動します。

7

過去にアプリケーションの登録を行っていなければ次のような画面が表示されます。

8

Sign in リンクよりログインします。

9

ログインが完了したら次のようなアプリケ-ション登録画面が表示されるので

Create New App ボタンをクリックします。

10

アプリケーション登録のために必要事項を記入します。

Developer Agreement の内容を良く確認して同意できるならチェックボックスにチェックを入れて Create your Twitter applecation ボタンをクリックします。

11

電話番号の登録をしていなければ次のようなエラー画面が表示されます。

12

無事にアプリケーションの登録が完了すれば次のような設定画面が表示されます。

13a

Permissions タブボタンをクリックします。

14a

Access の項目で必要な機能を選択します。

今回のアプリケーションは最新ツイートから過去ツイート1000個ほど取得するためのものなので Read only を選択しています。

あなたが Twitter クライアントを作るなら Read, Write and Access direct messages を選択するのがベターかもしれません。

選択したら Update Settings ボタンをクリックします。

16

Permissions の設定が完了したら Details タブボタンをクリックします。

17

Permissions の設定に間違いが無いか確認します。

18a

良ければ Keys and Access Tokens タブボタンをクリックします。

19a

この画面で Consumer key, Consumer secret が表示されています。

20a

Access Token を取得するために Create my access token ボタンをクリックします。

21a

ここで表示される画面で Twitter API を利用するために必要な

Consumer key
Consumer secret
Access token
Access token secret

が全て取得できます。

トップ画面からアプリケーション登録画面までたどり着きにくくなっているので

apps.twitter.com

にいきなり行くのが楽です。

Java を使ってアプリケーションを作るのに便利な Twitter4J はこちらからダウンロードします。

http://twitter4j.org/ja/index.html

以上、完全無欠の自分用φ(..)メモメモでした。

Hatena タグ: ,,

« »

Comment

Trackback

  1. […] Twitter Developer アプリケーション登録 […]

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

次の HTML タグと属性を利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*

Trackback URL