RECENT POSTS

A-2 フライトジャケット 買っちまったぜ!

General

私はミリオタではないのですがフライトジャケットは好きでいつか買おうと思っていました。

もちろんレプリカですが数多くのブランドからリリースされていて一部の愛好者から未だに絶大な人気があります。

なので慌てて購入しなくても無くなるような代物じゃ無いと思いずっと購入せずにいました。

個人的な事情から私の趣味であるバイクに乗ることができなくなり、ガレージで愛車 DUCATI は眠ったままとなっています。

バイクに乗っているときは革製品のツナギやジャンパー、パンツ、ブーツなどを購入していて革製品の独特の質感に酔いしれていました。

そこで、清水の舞台から飛び降りたつもりでついにトイズマッコイの A-2フライトジャケットを買っちゃいました!

a-2

身長 172cm 体重 69kg の私はサイズ 38 でジャストフィットでした。

すいません。嘘です。昨年の春から約8kg 体重が増えてしまってお腹がかなり出てしまいました。

せっかく格好いい A-2 を着るのにお腹ががが…

つまりウエストを細くすればジャストフィットです!

まぁ、一サイズ大きな 40 を選んでもお腹が細くなることはなくフライトジャケットなのにユルユルになってしまって格好悪くなってしまいます。

これは何が何でも 8kg の原料を達成せよとの神様からのお告げかもしれません。

ちなみに私が購入したモデルは映画「大脱走」でスティーブマックイーンが演じるV.ヒルツ大尉が着用していた A-2 モデルです。

ノーマルモデルでも良かったのですがサイズ 38 が売り切れていました。

このモデルはライニングにヒルツ大尉の認識証番号とネームが押印されています。

ネームプレートもついてます。もちろん V.HILTS と打刻文字が入ってます。このネームプレートは表の革から裏のライニングにまで縫い付けてあります。

ちょっと恥ずかしいですね。(*^_^*) こうなったら田舎のプレスリーじゃなく、田舎のスティーブマックイーンを目指そうかな (^_^;

左肩のAAFマークは初めからビンテージ感を出すためか所々擦れて剥げたように加工されています。

ジッパーも特別でベル型TALONでひし形スライダーを採用しています。これレプリカでは珍しい懲り方らしいです。

しかしスチーブマックイーンモデルとは言え、A-2 には変わりありません。

着心地は馬革は堅くて良くないと聞きますがこのモデルはそこまで堅くはないようです。

新品なのに結構動きやすい。1.1mm という革の厚さの効果なんだろうか。と言っても良質の牛革製品と比べると(過去に着たバイク用製品)若干堅いかなってくらい。

これは着込むことによって体に馴染んでくるであろうから問題はない。

日本で売られている冬用のジャケットなんかのリブと比べると袖と裾のリブは薄めとなっています。

これはちょっと驚きでフライトジャケットなんだから厚めで丈夫そうなリブだろうとずっと思い込んでいました。

AVIREX の MA-1 のリブと比べるとやはり薄めの作りになっています。

全体的な作りは価格相応のしっかりした丁寧な作りで上質な馬革が贅沢に使われています。

ジッパーの動きが滑らかでないのとリブの耐久性がどれくらいなのか不安要素もありますが、これらは消耗品なので購入したお店がリペアしてくれるそうなので心配はないでしょう。

ちなみに肌着の上に長袖 T シャツでジャストフィットでした。(スウェット着てもなんとかいけそうです。)

タイトなジャケットなので厚着した上に羽織るのはちょっときつそうですね。

そもそもライトゾーン用のフライトジャケットですから割り切りは必要です。

幸い私が住んでいるところは年に一,二回雪が降るか降らないかというような温暖(?)なところなのでよっぽど寒い日以外は活躍してくれるかもしれません。

最後に重要なお知らせ

家族の見解は着丈が短くておかしい。ポケットが機能的で無い。なんで牛革じゃなく馬革なの?税抜き価格が 20万円なんて信じられない。などなど…

説明しても納得いかないうえに「せっかくのジャケットもそのお腹では猫に小判、豚に真珠だよ。」と言われた。

MA-1 買ったときも同じようなこと言われたがお腹のことは言われなかった。(もう、あきらめたよ)

おまえらに A-2 の良さを理解しろとは言わない。

ただ、  ただ、   お腹をせめるな!

以上、今年一発目の散財記録でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Happy New Year 2017!

General

あけましておめでとうございます。
2016年は何も目標をもたずにダラダラした一年になってしまいました。
今年は昨年のお盆休みに8Kg増やしてしまった体重を春の健康診断までに減らすことが第一目標とします。
と言いつつ、お餅やお菓子なんかを爆食いしてはテレビの前でゴロゴロ過ごす予定のお正月です。(^_^;
スタートから昨年と何も変わらないやつです。私は…

第二目標はJava Puzzlers Advent Calendar 2016で結構クリティカルヒットを食らってダメージを受けたので Java力 を少しだけでもアップさせることです!

第三目標は欲しいと思うもの購入する、食べたいと思うものを食べるです。
結構欲しいと思うものは購入しているのですが迷っている間に売り切れになってしまったりしました。
食べたいと思ったけど健康のことを考えると躊躇してしまいました。(それでも食べていたけど)
これらはしっかり働いてお小遣いを増やせばなんとかなるよね。(^_^)

はっきり言えるのは2017年も平々凡々とがんばるぞい!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Java Puzzlers Advent Calendar 2016 – Coffee Break —

Java

このエントリーは http://qiita.com/advent-calendar/2016/java_puzzlers の 21 日目です。

昨日は @zr_tex8r さんのの「ループ以外の文にラベルは付けられるか?」でした。

明日は @khasunuma さんの「誰も投稿しそうにないので、もう少し頑張ってみる」です。

連日高度な Java Puzzle が投稿されていて楽しませていただいてます。

「ジャバチョットデキル」という凄い人たちの投稿でクリティカルヒットを食らってダウンしてます。(^_^;

ここらへんで CoffeeBreak ということで息抜きパズルでエントリーさせていただきます。

古典的なありふれたネタですがお楽しみください。

ちなみにこのプログラムはパズル用なので実用性の欠片もありません。

問題

次のプログラムをコンパイル、実行すると標準出力にどんな結果を表示するでしょうか?

(1)

1767504129 pool-1-thread-1
1767504129 pool-1-thread-3
1767504129 pool-1-thread-2
1767504129 pool-1-thread-4
-243838107 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
1664456421 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
856650241 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
executor.shutdown()

ExecutorService を使った方は同じハッシュ・コード値を必ず返す。

(2)

1767504129 pool-1-thread-4
1767504129 pool-1-thread-2
1767504129 pool-1-thread-1
1767504129 pool-1-thread-3
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
executor.shutdown()

ExecutorService、ForkJoin ともに同じハッシュ・コード値を必ず返す。

(3)

-230323071 pool-1-thread-1
1767504129 pool-1-thread-4
-2046939163 pool-1-thread-3
-230323071 pool-1-thread-2
-243838107 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
1664456421 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
856650241 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
executor.shutdown()

同じハッシュ・コード値を返す場合もある

(4)

1647295788 pool-1-thread-1
-591109637 pool-1-thread-4
1767504129 pool-1-thread-2
357637727 pool-1-thread-3
-243838107 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
1829062017 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
1664456421 ForkJoinPool.commonPool-worker-18
856650241 ForkJoinPool.commonPool-worker-25
executor.shutdown()

おのおのユニークなハッシュ・コード値を返す。

(5)

実行時例外

(6)

コンパイルエラー

 

答え

正解は‥‥

 

 

 

 

 

 

(1) ではありません。

 

 

 

(2)  でもありません。

 

 

 

(3) が正解といいたいところですが違います。

実はこのように出力されることもあります。

ただし、100 パーセントこのように出力される保証はなくプログラムのコードには致命的な大きな問題がひそんでいます。

よって、不正解ということでご了承くださいませ。

 

 

 

正解は (5) 実行時例外です。

java.util.ConcurrentModificationException が投げられます。

65 行目の System.out.println(friends.hashCode() + ” ” + Thread.currentThread().getName()); が原因です。

java.util.ConcurrentModificationException とはどんな例外なのでしょうか?

Javadoc を見てみましょう。

この例外は、オブジェクトの並行変更を検出したメソッドによって、そのような変更が許可されていない場合にスローされます。
 
たとえば、あるスレッドが Collection で繰り返し処理を行なっている間に、別のスレッドがその Collection を変更することは一般に許可されません。

通常、そのような環境では、繰り返し処理の結果は保証されません。

いくつかのイテレータ (Iterator) の実装 (JRE が提供するすべての一般的な目的のコレクションの実装の、イテレータの実装を含む) は、その動作が検出された場合にこの例外をスローすることを選択できます。

この例外をスローするイテレータは、フェイルファストイテレータと呼ばれます。

イテレータは、将来の予測できない時点において予測できない動作が発生する危険を回避するために、ただちにかつ手際よく例外をスローします。

この例外は、オブジェクトが別のスレッドによって並行して更新されていないことを必ずしも示しているわけではありません。

単一のスレッドが、オブジェクトの規約に違反する一連のメソッドを発行した場合、オブジェクトはこの例外をスローします。

たとえば、フェイルファストイテレータを持つコレクションの繰り返し処理を行いながら、スレッドがコレクションを直接修正する場合、イテレータはこの例外をスローします。

通常、非同期の並行変更がある場合、確かな保証を行うことは不可能なので、フェイルファストの動作を保証することはできません。

フェイルファストオペレーションは最善努力原則に基づき、ConcurrentModificationException をスローします。

したがって、正確を期すためにこの例外に依存するプログラムを書くことは誤りです。

ConcurrentModificationException は、バグを検出するためにのみ使用してください。

以上、 Javadoc より

つまり、 Java の同期化コレクションはマルチスレッドなどによる並行的な変更には完全に対応できないということです。

だから並行的な変更への対処はイテレーション開始後に Collection が変更されたのを検出すると ConcurrentModificationException 例外をただちに投げるというフェイルファストという設計になっている。

ただし、このフェイルファスト設計は実行性能に与える影響を抑えるためにそれほど優秀な設計にはなってないようです。

では、この問題の鍵はどこにあるのだろう?

どうして? Iterator で回してないのにと思われる人は純な心の持ち主でしょう。

hashCode() メソッドの実装は次のようになっています。

拡張 for 文を使っていますね。

これは内部でイテレータを使ってます。だから java.util.ConcurrentModificationException が投げられます。

もう少し確認するために次のような変更をプログラムに加えてみましょう。

65 行目の System.out.println(friends.hashCode() + ” ” + Thread.currentThread().getName()); を

System.out.println(“My Friends: ” + friends + ” ” + Thread.currentThread().getName()); に変更して実行してみます。

これでも java.util.ConcurrentModificationException が投げられます。

どうしてでしょう?

まず、文字列の連結操作により StringBuilder クラスの次のメソッドが呼ばれます。

続いて String クラスの次のメソッドが呼ばれます。

そして、AbstractCollection<E> クラスの次のメソッドが実行されます。

おおっ! Iterator でぶん回してますね

問題の hashCode() メソッド同様に内部で Iterator を使ってます。

このように間接的に Iterator を使っていることに気づかずに致命的なミスをおかしてしまう可能性があります。

Collection の取り扱いには細心の注意が必要です。

それではこのプログラムの修正はどうすればいいでしょうか?

この問題のプログラムは Collection への要素の追加、削除を次のように synchronized メソッドで排他制御を行ってます。

これでは Collection をイテレーションしている間に別のスレッドによる変更操作が行われてしまいます。

排他制御を行うには public void update() メソッドを public synchronized void update() メソッドに変更すれば OK です。

要素の追加、削除のメソッドは排他制御を行う必要はこれでなくなります。

synchronized による排他制御を行いたくない場合は ReentrantLock を使う方法があります。

最後に CopyOnWriteArrayList<E> を使う方法があります。

ただし、これは今までの排他制御とは異なります。

CopyOnWriteArrayList<E> の Javadoc を読んでみましょう。

public class CopyOnWriteArrayList<E> extends Object implements List<E>, RandomAccess, Cloneable, Serializable

基になる配列の新しいコピーを作成することにより、すべての推移的操作(add、setなど)が実装されるArrayListのスレッド・セーフな変数です。
 
通常、これは非常に効率が悪いのですが、トラバーサル操作が変更を数の点で大幅に上回る場合には、代替手段よりも効率が良い場合があります。

また、これは、トラバーサルを同期できない場合や、同期することを望まないが、並行スレッド間の干渉を排除する必要がある場合に有用です。

「スナップショット」スタイルのイテレータ・メソッドは、イテレータの作成時点での配列状態への参照を使用します。

この配列がイテレータの有効期間中に変更されることは決してないため、干渉は不可能であり、イテレータはConcurrentModificationExceptionをスローしないことが保証されます。

イテレータは、イテレータの作成以降のリストへの追加、削除、または変更を反映しません。

イテレータ自体に対する要素変更操作(remove、setおよびadd)はサポートされません。これらのメソッドは、UnsupportedOperationExceptionをスローします。

nullを含むすべての要素が許可されます。

メモリー整合性効果: ほかの並行処理コレクションと同様、オブジェクトをCopyOnWriteArrayListに配置する前のスレッド内のアクションは、別のスレッドでのその要素へのアクセスまたはCopyOnWriteArrayListからの削除に続くアクションよりも前に発生します。

このクラスは、Java Collections Frameworkのメンバーです。

つまり、スナップショット(コピー)を作ってそれをイテレーションすることによってスレッド・セーフを可能にしているようです。

private final List<String> friends = new ArrayList<>(16); を

private final CopyOnWriteArrayList<String> friends = new CopyOnWriteArrayList<>(); に変更するだけのお手軽仕様です。

ただし、CopyOnWriteArrayList<E> は初期容量を設定できないのでお間違いなく!

いかがでしたでしょうか?

本当に古典的なありふれたパズルですが懐かしさと初めて java.util.ConcurrentModificationException を投げられたときの ??? ってのを思い出していただければ幸いです。

ここでネタばらし・・・ この問題は 「Java 並行処理プログラミング」という古い本にも載っているほど超有名なネタでした。

これだけだと CoffeeBreak ネタとしては面白みに欠けていますのでグリコのキャラメルのおまけのような問題をもう一問どうぞ。

ていうか、これが本題です。

グリコのキャラメルのおまけのような問題

次のプログラムをコンパイル、実行すると標準出力にどんな結果を表示するでしょうか?

ただし、public static void parkUntil(long deadline) メソッドの理由無き復帰はないものとする。

(1)

今日も一日がんばるぞい!
1時 2時 3時
□フo(^-^)コーヒーブレイク
そろそろ休憩おわりにしようか?
4時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
(゙ `-´)/ コラッ!!  休憩は3時間だぞ。働け!
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
7時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
コーヒーブレイク終了
9時 10時
仕事終わった! 愛する家族の元へ帰ろう!

(2)

今日も一日がんばるぞい!
1時 2時 3時
□フo(^-^)コーヒーブレイク
3時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
そろそろ休憩おわりにしようか?
4時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
(゙ `-´)/ コラッ!!  休憩は3時間だぞ。働け!
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
7時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
コーヒーブレイク終了
9時 10時
仕事終わった! 愛する家族の元へ帰ろう!

(3)

実行時例外

(4)

コンパイルエラー

 

答え

 

 

 

 

 

 

 

正解は‥‥

 

 

 

 

(1) ではありません。

 

 

 

 

 

(2) です。

worker スレッドが開始された直後に LockSupport.unpark(worker); が実行されます。(45 行目)

これは引数で指定したスレッドにパーミットを与えます。

このパーミットは一つだけ蓄積可能となります。

よって、worker スレッドの LockSupport.parkUntil(t); (30 行目) はパーミットを消費してすぐにリターンされます。

故に標準出力に

今日も一日がんばるぞい!
1時 2時 3時
□フo(^-^)コーヒーブレイク
3時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~

と表示されます。

そして 48行目の LockSupport.unpark(worker); が実行されて

そろそろ休憩おわりにしようか?
4時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~

と続きます。

while ループで再び LockSupport.parkUntil(t); が実行されます。

指定された待機時間を経過してないのでスレッドは再び待機します。

51 行目で worker.interrupt(); と割り込みをかけます。

ところがこの割り込みに対して InterruptedExceptionがスローされません。

割り込みによる処理をなにもしていないので LockSupport.parkUntil(t); による指定された待機時間までの待機は解除されすぐにリターンされます。

while ループで指定された待機時間まで延々と標準出力に次のように出力されます。

(゙ `-´)/ コラッ!!  休憩は3時間だぞ。働け!
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
6時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
7時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
            .
            .
            .
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
8時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
コーヒーブレイク終了
9時 10時
仕事終わった! 愛する家族の元へ帰ろう!

これをスッキリした出力にするためには 45 行目の LockSupport.unpark(worker); を削除し、

worker スレッドへの割り込みの対処を次のようにすれば期待する出力が得られます。

今日も一日がんばるぞい!
1時 2時 3時
□フo(^-^)コーヒーブレイク
そろそろ休憩おわりにしようか?
4時やん。 まだ、コーヒーブレイク タイム。 □フo(^O^)プハァ~
(゙ `-´)/ コラッ!!  休憩は3時間だぞ。働け!
はい、はい。
6時 7時 8時 9時 10時 仕事終わった! 愛する家族の元へ帰ろう!

参考にこのプログラムで使った java.lang.Object java.util.concurrent.locks.LockSupport クラスのメソッドの Javadoc を載せておきます。

public static void unpark(Thread thread)

指定されたスレッドのパーミットが使用可能でない場合に、使用可能にします。

スレッドがparkでブロックされた場合は、ブロックを解除します。

それ以外の場合は、そのparkの次回の呼出しがブロックされないよう保証されます。

指定されたスレッドが起動していない場合、この操作の効果は一切保証されません。

パラメータ:thread – unparkを実行するスレッドまたはnull。その場合、この操作に効果はない

public static void parkUntil(long deadline)

パーミットが利用可能でない場合、指定された期限まで、スレッドのスケジューリングに関して現在のスレッドを無効にします。
 
パーミットが使用可能な場合、これは消費され、呼出しはただちに復帰します。

それ以外の場合、現在のスレッドは、スレッド・スケジューリングに関して無効になり、次の4つのいずれかが起きるまで待機します。
 
•ほかのスレッドが、現在のスレッドをターゲットとしてunparkを呼び出す。
•ほかのスレッドが現在のスレッドに割り込みを行う。または
•指定された期限が経過する。または
•呼出しが、見せかけで(理由もなく)復帰する。

このメソッドは、これらのどれがメソッド復帰の原因となったかはレポートしません。

呼出し側は、スレッドの初回parkの原因となった状態を再チェックする必要があります。

呼出し側は、スレッドの割込み状態や、復帰時の現在時刻なども判定できます。

パラメータ:deadline – 待機用の、元期からのミリ秒単位の絶対時間

以上、Coffee Break ネタでした。(^_^)

さらに、おまけ

次のプログラムの出力結果を答えよ。

 

 

 

 

答え

 

 

 

 

 

Results of Math and StrictMath were not the same.
-2
true
false

これはクイズ要素も引っかけ要素もまるで無いです。

強いてあげれば3行目の出力結果くらいですね。

よくあるオーバーフローねたです。(^_^;

API ドキュメントにすべて解説してありますので知らなくて興味のある人は覗いてみましょう。

java.lang.Object java.lang.Math public static double log(double a)

java.lang.Object java.lang.StrictMath public static double log(double a)

public static int floorDiv(int x, int y)

public static int floorMod(int x, int y)

以上、お終い!

Hatena タグ:
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

HitInfoを少しだけ…

JavaFX

このエントリーは、JavaFX Advent Calendar 2016 の10日目です。

昨日は @nodamushi さんの「JavaFX9が良い感じになってきた件」でした。

明日は @skrb さんの「何か書きます」です。

私は英語がよく解らないので2015年にこんなものを作ろうとしました。(^_^;

英文サイトを読み込んでテキスト化し、英単語の上にマウスをあてるとツールチップで日本語訳を表示するという安易な発想のプログラムです。

1

https://www.youtube.com/watch?v=JfifsvUVeKE

作ってる途中でいくつかの問題に遭遇しました。

その中で JavaFX では Swing の

javax.​swing.​text.​JTextComponent public int viewToModel(Point pt)

javax.​swing.​text.​JTextComponent public Rectangle modelToView(int pos) throws BadLocationException

これに相当するものはあるのだろうか?という素朴な疑問です。

調べてみたところ com.​sun.​javafx.​scene.​text public class HitInfo extends Object を使えばなんとかなりそうです。

実は、Rectangle modelToView(int pos) は面倒くさそうだったのでそれを使わずに手抜きプログラミングで妥協していました。

一年以上この問題を放置したまま(忘れていたとも言う・・・)だったので JavaFX Advent Calendar 2016 のネタとして調べてみました。

小ネタですが 参考資料の少ない JavaFX なのでメモとして残しておきます。

さて、ここから先は何も考えずに適当にプログラムを組んでいった私が次々と問題にぶち当たって泣いた記録です。

BreakIterator を使った簡易的な形態素解析の説明は省略させていただきます。

テキストエリアに適当な英文を表示して英単語上にマウスカーソル(キャレット)をもっていくとツールチップで HitInfo オブジェクトから取得したデータなどを表示させるというシンプルなプログラムを作ってみました。

このプログラムを実行して Minimal という英単語の M の中央より左の位置にマウスカーソルをもっていくと次のように表示されます。

2

中央より右の位置にマウスカーソルをもっていくと次のように表示されます。

3

それではこれらがどういったデータなのかプログラムをみていきます。

X, Y は TextArea 内のマウスカーソルの座標データです。

これらの座標データは HitInfo オブジェクトを生成するために使います。

HitInfo クラスはテキストノードのヒット情報を取得するために使われます。

TextArea の HitInfo オブジェクトを取得するためには

com.​sun.​javafx.​scene.​control.​skin public class TextAreaSkin extends TextInputControlSkin<TextArea,TextAreaBehavior>

を取得する必要があります。

javafx.​scene.​control.​Control public final Skin<?> getSkin() メソッドで TextArea のレンダリングコントロール用の Skin オブジェクトを取得します。

そして、com.​sun.​javafx.​scene.​control.​skin.​TextAreaSkin public HitInfo getIndex(double x, double y) メソッドにより (引数は TextArea 内のマウスカーソルの座標データです)

引数の座標データに基づいてヒットテストを実行し、コンテンツのインデックスにマッピングして HitInfo オブジェクトを生成します。

ここまでのコードを確認してみます。

TextArea 内でマウスカーソルの移動が検出されたときに実行されるようにしてます。

これで HitInfo クラスを使う準備ができました。

では HitInfo クラスではどういったことができるのか確認します。

HitInfo クラスには下記のメソッドがあります。

public int getCharIndex()

public boolean isLeading()

public int getInsertionIndex()

public String toString()

これら4個のメソッドのうち public String toString() メソッド以外の3個のメソッドを調べてみます。

public int getCharIndex()

これは HitInfo オブジェクトが参照している文字のインデックスを取得します。

public int getInsertionIndex()

挿入位置のインデックスを取得します。

public boolean isLeading()

API ドキュメントには下記のように記述されています。

Indicates whether the hit is on the leading edge of the character. If it is false, it represents the trailing edge.

実際に動作を確認したところマウスカーソルが文字上の左側か右側にヒットしているか判定しているようです。

左側だったら true、右側だったら false を返します。

このメソッドを利用して public int getInsertionIndex() メソッドは挿入位置インデックスを返しています。

プログラムでは Tooltip にこれらのメソッドにより取得したデータを表示させるようにしています。

最後の行にある word はマウスカーソル上の単語を HitInfo オブジェクトを利用して取得したものです。

さて、Tooltip はマウスカーソルが文字上にある場合だけ表示させたいので単純に次のような条件式を実装しました。

ところがこんな単純に期待通りの結果は得ることができませんでした。

4

マウスカーソルが文字上にないところでも Tooltip が表示されてしまいます。(×_×)

とりあえずの対策として下記のように修正しました。

public int getInsertionIndex() を利用して最後の文字の挿入インデックスに(最後の文字の次のインデックス)Morpheme オブジェクトが存在するかの判定を追加しました。

当然このコードでは文字の最後の右半分上にマウスカーソルがヒットしていても Tooltip は表示されません。

この不具合もすぐに解決しなければいけないのですが他にも問題があるのでとりあえず後回しとします。

次に解決しなければいけない問題は下図のようなものです。

マウスカーソルが右の余白部分、上の余白部分にあっても Tooltip が表示されてしまいます。

5 6

これら余白部分で Tooltip を表示させないためには TextArea のデフォルトの余白の値を取得することが必要となります。

これは仕様だとあきらめようとしたけど・・・ どうもこれでは眠れなくなりそうなので妖しい TextAreaSkin クラスのソースを覗いてみました。

たぶんこれだと思うので使ってみることにします。

private メソッドなのでリフレクションを利用してデータを取得します。

private double getTextTranslateY() メソッドのデータの取得は同様にしますのでコードは省略させていただきました。

これでデフォルトの余白データは取得できるので Tooltip の表示を制御することができました。

スクロールさせてしまえば上部の余白は隠れてしまうのですが文字が中途半端に見切れているのに Tooltip を表示させる必要はないので常に上下左右の余白分を表示させないようにしました。

一応これでも動くのですがもっとスマートな方法があります。

javafx.​scene.​Parent public Node lookup(String selector) メソッドにて引数で指定した CSS セレクタに基づいてノードを検索します。

そして返されたノードのレイアウト情報を取得すればいいだけです。

こちらのほうが簡単ですね!

さて、デフォルトの余白の対処はこれでいいのですが、

textArea.setPadding(new Insets(50, 50, 50, 50)); //(top/right/bottom/left)

のようにプログラム上で設定すればどうなるでしょうか。

さっそく試してみましょう。

7

なんじゃ、こりゃ!

テキストがパディングによりレイアウト変更されているので座標データとコンテンツとのマッピングが狂ってしまってます。

そこで HitInfo オブジェクトの生成コード、Tooltip の表示制御をパディングによってずれてしまう分の補正を考慮し次のように変更しました。

これで OK !

8

こんなシンプルなことをさせようとしているだけなのに一筋縄ではいかないですね。

ここでさらに疑問が浮上してきました。

テキストを中央表示させたらどうなるの?

下記のような CSS ファイルを追加してみました。

いやな予感的中です。

9

左の余白部分で Tooltip が表示されています。

テキストが中央表示にレイアウト変更されているのにそれが反映された結果となっていません。

この問題を解決するには JavaFX で javax.​swing.​text.​JTextComponent public Rectangle modelToView(int pos) throws BadLocationException に相当する機能が必須となります。

文字上にマウスカーソルが有るか無いかの判定がどうしても必要となるからです。

これが可能となればこれまで誤魔化していた全ての問題が解決できます。

「どうしたもんじゃろのう」とNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」のように考え込みましたが答えは簡単に見つかりました。

TextArea にはハイライト表示の機能があるから絶対 Rectangle modelToView(int pos) メソッドと同じような機能が備わっているはずだ。

TextArea のレンダリング関係と言えば、TextAreaSkin クラスですよね。

ありました!(^_^)

このメソッドは指定されたインデックスにある文字の境界を返します。

これで全てクリアです。

文字の最後のインデックスはそのままだと一つ多くなってしまうので -1 オフセットしてます。

10

最終的には TextArea の背景を透明にしてその下に Canvas を置き選択された文字の Rectangle2D データを使って 文字を囲むように Rectangle を表示させています。

hit600

これで全ての問題は解決! めでたし! めでたし!

最終的なプログラムのコードは次のようになります。

jp.yucchi.Dictionary4MorphologicalAnalysis パッケージはそのまま変更はありません。

HitInfo について少しだけ・・・のはずがだらだら長くなってしまいました。

今回はこのような行き当たりばったりのプログラミングで泣きました。

試してないのであれなんですが、

TextArea クラスの public ObservableList<CharSequence> getParagraphs() メソッドを使って文字リストを取得して

TextAreaSkin クラスの public Rectangle2D getCharacterBounds(int index) メソッドに渡して各文字の領域データを取得してから

TextArea 内のカーソルの位置が文字領域内にあるときだけ HitInfo オブジェクトを生成するようにしたほうが良いのかもしれません。

誰か興味と時間のある人はお試しを!

TextArea クラスを使って HitInfo クラスを試してみましたが TextField クラスでも HitInfo クラスは使えます。

TextFieldSkin クラスにも public HitInfo getIndex(double x, double y) メソッドが用意されています。

今回試してみた TextArea クラス同様におもしろそうなことができるかもしれません。

しかし、それよりも気になるのが JavaFX 9 で javafx.graphics モジュールの javafx.scene.text パッケージにある Text クラスに

HitInfo を返す public final HitInfo hitTest(Point2D point) メソッドが用意されたことです。

あと同パッケージにある TextFlow クラスにも HitInfo を返す public final HitInfo hitTest(Point2D point) メソッドがあります。

TextFlow クラスのほうは TextArea クラスと同じようなものだと想像できます。

しかし、Text クラスのほうはちょっと気になります。

さらに JavaFX 9 ではキャレットを指定された位置に移動させるためのメソッドが TextAreaSkin クラスと TextFieldSkin クラスに用意されました。

public void positionCaret(HitInfo hit, boolean select)

これはちょっと試したくなりますよね!

そこで Text ノードの単語を選択して TextArea の虫食い文にドラッグアンドドロップするプログラムを作ってみました。

starwas_600[1]

Text ノードから単語を選択するのは先ほどのプログラムと仕組みはほぼ同じです。

JavaFX 9 で追加された新しい機能を使うにはどうすればいいのでしょうか。

まず、JDK9 Early Access Releases をダウンロードしてインストールします。

https://jdk9.java.net/download/

あとはお気に入りのエディタか IDE でプログラムを組んでいきます。

JDK9 では Project Jigsaw の影響で com.sun から始まるパッケージの名前が変更になっている場合があります。

今回は次の二つのパッケージが変更されていました。

com.sun.javafx.scene.control.skin.TextAreaSkin; // JavaFX8
com.sun.javafx.scene.text.HitInfo; // JavaFX 8
javafx.scene.control.skin.TextAreaSkin; // JavaFX 9
javafx.scene.text.HitInfo; // JavaFX 9

さて、単語を選択される側の Text ノードから hitInfo オブジェクトを生成するために public final HitInfo hitTest(Point2D point) メソッドを使います。

引数の Point2D point はコンテナの TextFlow におけるText ノードの座標です。(Text ノード上にあるマウスポインタの位置)

感のいい人なら気づいてるかもしれませんが、これ何気にうれしいですね!

そう、コンテナの TextFlow じゃなくて Text ノードで hitTest(Point2D point) メソッドを実行して HitInfo オブジェクトを生成しています。

Text ノード上でないと HitInfo オブジェクトは生成されないんですね。

もう余白のことは考えなくていいようです。

しかし、Text ノードを移動させた場合マッピングが狂ってしまうのでその補正は必要です。

上記のコードは X, Y 座標の移動を考慮して getTranslateX(),  text.getTranslateY() メソッドを利用しています。(このプログラムでは getTranslateX() は必要ないです。)

次に JavaFX 9 の新機能を使えるところは選択された Text ノードの単語をドラッグアンドドロップする時ですね。

Text ノードの単語をドラッグで TextArea 内の文字列の任意の場所を選択してキャレットを移動させるための処理です。

これは JavaFX 8 の場合はコメントアウトしてあるコードでいけます。

JavaFX 9 ならもっとスマートに処理コードが書けてしまいます。

TextAreaSkin クラスの public void positionCaret(HitInfo hit, boolean select) メソッドが優秀です。

このメソッドの第一引数は HitInfo オブジェクトです。第二引数が何か気になりますね。

API ドキュメントによると whether to extend selection to the new position. とあります。

オレオレ翻訳をすると「選択を新しい位置に拡張するべきかどうか。」ですかね?

こういうときは試して動作確認してみましょう。

第二引数の値を true に設定してプログラムの動作確認を行います。

ちょっと見づらいですけど TextArea 内のキャレットが一番左端の上部の隅にあります。

11

Text ノードから単語を選んでドラッグしています。キャレットがマウスポインタのある位置まで移動しています。

はじめにキャレットがあった場所から新たに移動した場所までが選択されている状態となりました。

12

今度はキャレットの位置を All という単語の左隣まで移動させておきました。

13

今度はそこからドラッグ操作により新たなキャレットの位置まで選択表示されています。

14

第二引数が true の時の動作はキャレットの移動先まで選択するようです。

今回のプログラムでこのような機能は必要としないので false と設定しました。

痒いところに手が届くような地味なアップデートですね。

あまり、派手な API ではないですけどこういうことができるようですね。

最後にこのプログラムのコードを載せておきます。

フォントは STARWARS.TTF フォントを使ってます。(何処で入手してか忘れました。)

長くダラダラとしたエントリーを最後まで読んでくださってありがとうございます。

間違いがありましたらコメントいただけるとありがたいです。

15

Hatena タグ: ,
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

Atom をとりあえずインストール

Computer Java Ubuntu

Windows 環境で Valhalla がビルドできなくなって遊べなくなったので Ubuntu で遊べるように最近ブレイク中の Atom をインストールしてプログラムを実行できるようにしてみた。

注意: なぜ Windows 環境でビルドできなくなったか原因を調べて対処しないの?ってことは禁句です。私には無理!!

入れるパッケージはネットで適当に調べて Script を導入すればよさげなので早速試してみた。

他にもネット上の情報を拾い集めて入れてみた。

とりあえず Java が実行できればいいので Script の設定をφ(..)メモメモ

[編集] → [環境設定] → init.coffee に使いたい Java のパスを記述する。

process.env.PATH = [“使いたい Java のパス“, process.env.PATH].join(“:”);

1

あと、Script の出力画面のフォントがこのままだと小さくて見づらいので大きく変更する。

[編集] → [スタイルシート] → styles.less に次の設定を追加する。

.script-view .line{
    font-size: 18px;
}

2

これで Valhalla を楽しむ準備ができた!

確認してみる。

3

Script の出力画面のフォントサイズもこれで OK!

はい! 自分用のピンポイントメモエントリーでした。

 

ここで重大な問題が・・・

Atom の使い方がよく解らん。。。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook