ゆっちのBlog » JavaFX

JavaFX

Happy New Year 2018!

Computer Java JavaFX

Happy New Year! May this be a happy and fruitful year.

新年最初のエントリーは JavaFX で IBM Cloud (Bluemix)Watson Personality Insights を利用した人格診断プログラムです。

昨年の 11 月 1 日から IBM Cloud (Bluemix)ライト・アカウントが気楽に使えるようになったので少し遊んでみました。

もう、リリースされてから随分経ちますので参考となる資料がネット上にあるのでググればなんとかそれなりのものは動かせるようです。

と言うことで定番の Twitter のつぶやきを解析して人格診断をおこなうプログラムを組んでみました。

本家サイトではこんなデモがおかれています。

1

自分のアカウントで試そうとしたけどエラーで駄目だったのでサンプルの方ので分析してみました。

2

結果が上のスクリーンショットのようになります。

Watson Personality Insights で得られる結果は下段の 「ビッグファイブ – 個性」、「欲求」、「価値」のデータです。

分析データのスコアに関する説明は以下のようされています。

スコアはすべて百分位数であり、膨大な集団の中での位置を表しています。

たとえば、外向性が90%という結果は、その人が90%外向的であることではなく、100人中その人より外向性の低い人が90人(高い人が10人)ということを意味しています。

データは JSON 形式で返されてきます。

これらの分析データの信頼性はどれ位のものかは想像もつかないのですがなかなか面白そうです。

これらの技術を利用した面白いデモも用意されています。

Science and Star Wars の「自分のライトセーバーの色を見つけよう」です。

3

ヨーダと言えば STAR WARS では生ける伝説と称されるジェダイ・マスターで絶対的存在となっています。

うれしいですね! (^_^)

これはもっと詳しく人格診断してみたくなります。

JavaFX で Watson Personality Insights を利用した人格診断プログラムを作るに当たり、分析データをレーダーチャートを使って表示させることにしました。

ところが JavaFX 標準で用意されているチャートにレーダーチャートは見当たりません。((((;゜Д゜)))))))

しかたないので JFreeChart-FX に期待して見に行ったらレーダーチャートは無かった。(見落としていたらごめんなさい)

これで一気に面倒くささハードルが上がった。

とりあえずレーダーチャートは Canvas にお絵かき対応することにしました。

できあがったプログラムを動かして人格診断を行った結果がこちらです。

4

あれれ? なんか・・・ 酷くないですか?

ヨーダと 71 パーセントも性格が一致しているわりには・・・

まぁ、人工知能が人の発言(ツイート)を分析して人格診断するとこんなもんですねと悔しいから言っておきます。(ヲヒ

せっかく年末の忙しい時期にゴニョゴニョしてプログラム組んだのにこれではあんまりだから現在の日本の内閣総理大臣である安倍晋三氏の人格診断をしてみた。

5

おおっ! ビッグファイブ – 個性 のスコアが凄い!

やはり職業柄か誠実性、外向性のポイント高いですね。

個々のスコアもそうかも知れないと思わせる結果です。(個人の感想です。)

断っておきますが私は政治にあまり詳しくなくこの結果を利用して政治批判や誹謗中傷を行うことを目的としていません。

テレビ等で見聞きする情報をもとにした感想です。

それではもう一人診断してみましょう。

私の好きな歌手の宇多田ヒカルさんです。

6

ビッグファイブ – 個性の知的好奇心、協調性、外向性のポイントが高いですね。

やはり生まれついての芸術家なのでしょう。

さて、この結果から私には個性が足りないことがバレてしまいました。

2018 年は個性をもう少しなんとかする年にしなければ。。。(^_^;

そう言うことでこのプログラムのコードを載せておきます。

ただし、かなり酷いことを平気でしています。

パスワード等はプログラムにハードコーディングしていますのでそこは適宜書き換えてくださいませ。

あと、例外処理もほとんど対処していません。

IBM Cloud (Bluemix)ライト・アカウントでお気楽に Watson Personality Insights を試してみたかったからです。

JavaFX はそれなりに手抜きプログラムにも対応してくれます。(ヲヒ 本当は駄目ですよ(^_^;

見ての通り GUI は AnchorPane に直接部品を貼り付けリサイズ出来なくするということをしています。(HBox,VBox 使いましょう(^_^;

テキストフィールドに入力された Twitter ID のツイートを約 1000 件取得してそれを Watson Personality Insights で分析してその結果をレーダーチャートに表示させています。

Twitter のツイートを取得するためには Twitter API を利用しなくてはならないので Twitter Developer アプリケーション登録が必要となります。

IBM Cloud (Bluemix)Watson Personality Insights を利用するには IBM Cloud (Bluemix)ライト・アカウントの登録が必要となります。

既に登録されている、もしくは有料プランをご利用の方は必要ありません。

参考

ツイート取得、分析データ取得の処理は時間がかかるので非同期処理で対応しています。

JavaFX に非同期処理を簡単に扱うことを可能とする javafx.concurrent パッケージがあります。

参考

Twitter のツイートを取得処理は TweetCollection クラスでおこなっています。

取得したツイートの分析処理は PersonalityAnalysis クラスでおこなっています。

これら二つの処理を非同期処理してそれによって得られた分析データを Canvas にお絵かき対応したレーダーチャート上に表示させています。

ここで Canvas はベースとなるレーダーチャートと、分析データの表示用の二つを利用しています。

分析データをベースのレーダーチャートに重ねて表示させています。(フォトショップで使うレイヤーのように)

ここで Canvas に文字列を表示させるのに位置決めが難しく苦労しました。

X 座標の位置は日本語で等幅のものを使っているので一文字の幅データを元に計算することによって対応しました。

Y 座標はなかなか難しく結局これといった結論が得られずフォントのサイズをそのまま利用したり、日本語のセンターの位置をゴニョゴニョして取得しています。

これではあんまりなので FontMetrics を取得してちゃんと対応しようとしたのですがそれでもあまり綺麗にプログラマチックに決めることができなかった。

しかたないのでウザウザの力技コード対応としています。

ちなみに JavaFX 9 での FontMetrics 取得は JavaFX 8 と同じように出来なくなってしまっているので注意が必要です。

参考

このように手抜きだけどちょっと遊んでみようかなっていうデスクトッププログラムが JavaFX だと簡単にできてしまします。

取得解析するものを二つにして重ね合わせて表示して相性診断プログラムとしても楽しいかもしれません。

Java には JavaFX が標準でついているので Java プログラマー、Java に興味のあるかたはお気楽に楽しんでみてはいかがでしょうか。

もちろん、JavaFX も Java なのでクロスプラットフォームです。

Write once, run anywhere

Windows でも Linux でも一度書けばどちらでも動いちゃいます。

Write once,test anywhere とは言わないで (>_<。)

 

Hatena タグ: ,,

IBM BlueMix Watson の Personality Insights を使うために

Computer Java JavaFX

IBM BlueMix ライト・アカウント登録を行い、Watson の Personality Insights を使えるようにするφ(..)メモメモ

この IBM BlueMix ライト・アカウントは今年の11月1日から制限が緩くなりお気楽に試せるようになりました。

詳しくはこちらをご覧ください。 https://www.ibm.com/cloud-computing/jp/ja/bluemix/lite-account/

31

32

ライト・アカウントを今すぐ登録 ボタンをクリックします。

ライト・アカウント登録画面がひらきます。

33

必要事項を記入します。

アカウントの作成ボタンをクリックします。

34

登録を完了するために Eメールを確認します。

Eメールの指示通りに確認を完了させます。

35

ログインします。

38

Products, Watson,Watson API とたどってリンクをクリックして移動します。

39

View all services ボタンをクリックします。

40

次に Personality Insights の項の矢印ボタンをクリックします。

41

Already using Personality Insights? Log in のところからログインします。

ライト・フィルターが有効になっているようなのでライト・アカウントで使用できる Watson のサービスが表示されています。

43a

Personality Insights をクリックして選択します。

44a

作成ボタンをクリックします。

45a

ハンバーガーメニューからダッシュボードを選択してクリックします。

46a

47a

ダッシュボードに先ほど作成した Personality Insights サービスがあることを確認します。

48a

それを選択してクリックします。

49a

サービス資格情報をクリックします。

50a

先ほど作成した Personality Insights のサービス資格情報がここで確認できます。

51a

資格情報の表示をクリックして username, password を取得します。

52a

これで Personality Insights サービスを利用する準備は完了です。

おっと! SDK が必要ですね。(^_^;

管理画面の Developer resources の Getting started tutorial をくりっくします。

61a

遷移先画面の Overview for developers のリンク先の Using Software Development Kits から Watson SDKs のリンクをクリックします。

62a

私の場合 Java で開発をするので Java SDK を選択しクリックします。

63a

GitHub にて SDK を取得します。

64

ビルドとか面倒なことはしたくないので先程のページにある JAR ファイルのリンクからいただきます。

65

これで準備完了です!(^_^)

IBM のサイトはころころよく変わるのでこの通りではないかもしれませんが必要なリソースに辿り着ける道しるべになれば幸いです。

あと、Personality Insights の結果は JSON テキストで返されてくるのでお好みで Java で JSON を扱えるようにするライブラリを用意する。

私はこちらを利用しました。

http://json-b.net/download.html

とりあえず、自分用にφ(..)メモメモ… でした。

 

Hatena タグ: ,,

Twitter Developer アプリケーション登録

Computer Java JavaFX

Twitter Developer にてアプリケーション登録を行って

Consumer key
Consumer secret
Access token
Access token secret

を入手します。

サイトが昔とずいぶん変わってしまって迷子になってしまわないよにφ(..)メモメモ

まず、https://developer.twitter.com/ を開きます。

1

そして左上段の Docs にフォーカスして Documentation リンクをクリックして移動します。

2

左上にある Basics リンクをクリックしてでてくるコンテンツメニューの Authentication リンクをクリックして移動します。

3

4

移動したら Guides リンクをクリックします。

5

そして Access tokens from apps.twitter.com をクリックして Getting tokens from apps.twitter.com の項目の

apps.twitter.com をクリックして移動します。

7

過去にアプリケーションの登録を行っていなければ次のような画面が表示されます。

8

Sign in リンクよりログインします。

9

ログインが完了したら次のようなアプリケ-ション登録画面が表示されるので

Create New App ボタンをクリックします。

10

アプリケーション登録のために必要事項を記入します。

Developer Agreement の内容を良く確認して同意できるならチェックボックスにチェックを入れて Create your Twitter applecation ボタンをクリックします。

11

電話番号の登録をしていなければ次のようなエラー画面が表示されます。

12

無事にアプリケーションの登録が完了すれば次のような設定画面が表示されます。

13a

Permissions タブボタンをクリックします。

14a

Access の項目で必要な機能を選択します。

今回のアプリケーションは最新ツイートから過去ツイート1000個ほど取得するためのものなので Read only を選択しています。

あなたが Twitter クライアントを作るなら Read, Write and Access direct messages を選択するのがベターかもしれません。

選択したら Update Settings ボタンをクリックします。

16

Permissions の設定が完了したら Details タブボタンをクリックします。

17

Permissions の設定に間違いが無いか確認します。

18a

良ければ Keys and Access Tokens タブボタンをクリックします。

19a

この画面で Consumer key, Consumer secret が表示されています。

20a

Access Token を取得するために Create my access token ボタンをクリックします。

21a

ここで表示される画面で Twitter API を利用するために必要な

Consumer key
Consumer secret
Access token
Access token secret

が全て取得できます。

トップ画面からアプリケーション登録画面までたどり着きにくくなっているので

apps.twitter.com

にいきなり行くのが楽です。

Java を使ってアプリケーションを作るのに便利な Twitter4J はこちらからダウンロードします。

http://twitter4j.org/ja/index.html

以上、完全無欠の自分用φ(..)メモメモでした。

Hatena タグ: ,,

JavaFX 9 で FontMetrics を取得する

Java JavaFX NetBeans

このエントリーは、JavaFX Advent Calendar 2017 の 20 日目です。

現時点でもエントリーが無いので急遽先日遭遇した問題に解決策を教えていただいたのでそれを記事にしました。

昨日は @aoetk さんの「Bean ValidationのJavaFX対応」でした。

明日も、この記事を書いている現時点ではまだ空いてます。(^_^; きっと誰かが素敵な記事を投稿してくれると楽しみにしています。

11 月から IBM Cloud (Bluemix)ライト・アカウントが気楽に使えるようになり Watson Personality Insights を利用した人格診断プログラムを組んで楽しんでいました。

pi 

その際に Canvas に文字を描くときの位置決めに難儀したので FontMetrics を取得する方法をφ(..)メモメモ

まず、Java で FontMetrics を取得するとしたら java.awt.FontMetrics クラスを使うことができます。

Abstract Window Toolkit を使って下記のようなプログラムを組んでみました。

懐かしいコードですね。

83 行目で FontMetrics を Graphics コンテキストより取得してフォントの構造データをそれぞれの取得メソッドで取得しています。

原点の X, Y 座標に薄いグレーでラインをひいてます。

フォントの高さ関するデータもそれぞれラインをひいてみました。

awt

awt2

Abstract Window Toolkit を使って FontMetrics を得ることは簡単にできることが確認できました。

それでは JavaFX 9 ではどうでしょうか?

同じようなプログラムを組んでしました。

残念ながらコンパイルエラーです。

error

「名前のないモジュールにエクスポートされていません」ってなんのことですか?

JavaFX 9 では java.awt.FontMetrics クラスは使えないようなので com.sun.javafx.tk.FontMetrics, com.sun.javafx.tk.Toolkit を使用しました。

確か、JavaFX 8 では使えていたような記憶があるんだけど・・・

そう言えば、Project Jigsaw の影響で com.sun ではじまるパッケージが使えないものがあるようです。

このプログラムで使っている com.sun.javafx.tk.FontMetrics, com.sun.javafx.tk.Toolkit も JDK 内部(モジュール)にちゃんとあるのにデフォルトで使えなくしてあります。

困りました!

Windows 環境なら JavaFX 9 だったら HiDPI 対応の恩恵を享受することが可能なのに。

ちなみに JavaFX 8 だったら問題なく動きました。

さて、どうしたものか。。。

以前 Twitter で 「hoge は fuga ができないからクソッ!」もしくは女子高生を装ってヘルプをつぶやくと優秀なプログラマが解決策を提案してくれるという法則を学んだ。

私には役者の才能も無いし、小賢しいことをするのは面倒なので素直に Twitter でつぶやいたところ心優しい Java プログラマーが助けてくれました。

ありがとうございます!

早速 NetBeans に javacとjavaのオプションを設定してコンパイル、実行をしたところ無事に動きました。(^_^)

s

s2

fx

fx2

ちなみに、テキストの挿入位置の Y 座標の位置はデフォルトでは VPos.BASELINE となっています。

gc.setTextBaseline(VPos.BASELINE);

これは次のように変更することができます。

gc.setTextBaseline(VPos.TOP);

top

gc.setTextBaseline(VPos.CENTER);

center

gc.setTextBaseline(VPos.BOTTOM);

bottom

ああっ・・・ しまった。(>_<) 左のテキストの位置の修正忘れた。見なかったことにしてください。(ごめんなさい)

ついでに Leading が無いフォントの表示も見ておきます。

awt3

awt4

fx3

fx4

AWT と JavaFX では FontMetrics の扱い方に違いがあるので注意が必要ですね。

 

まとめ

さて、ここで JavaFX で FontMetrics を扱うために com.sun.javafx.tk.FontMetrics, com.sun.javafx.tk.Toolkit を使用します。

これを JavaFX 9 で使うためには javacとjavaのオプションに –add-exports=javafx.graphics/com.sun.javafx.tk=ALL-UNNAMED の設定が必要です。

参考

JEP 261: Module System

カプセル化を破る

モジュールシステムによって定義されたアクセス制御境界に違反し、コンパイラと仮想マシンによって強制されて、
あるモジュールが別のモジュールの一部の非通知タイプにアクセスできるようにする必要があることがあります。
これは、例えば、内部型のホワイトボックステストを可能にするため、
またはサポートされていない内部APIをそれらに依存するようになったコードに公開するために望ましいことがある。
これを行うには、コンパイル時と実行時の両方で–add-exportsオプションを使用できます。
構文は次のとおりです。

–add-exports <source-module>/<package>=<target-module>(,<target-module>)*

<source-module>と<target-module>はモジュール名で、<package>はパッケージ名です。

–add-exportsオプションは、複数回使用できますが、ソースモジュールとパッケージ名の特定の組み合わせに対して最大で1回使用できます。
各インスタンスの効果は、指定されたパッケージの修飾されたエクスポートをソースモジュールからターゲットモジュールに追加することです。
これは基本的に、モジュール宣言内のエクスポート句のコマンドライン形式、またはModule :: addExportsメソッドの無制限な形式の呼び出しです。
結果として、ターゲットモジュールがソースモジュールの名前付きパッケージ内のパブリックタイプにアクセスできるようになります。
ターゲットモジュールはソースモジュールをモジュール宣言のrequires節、Module :: addReadsメソッド、または–add-readsオプションのインスタンスです。
たとえば、jmx.wbtestモジュールに、java.managementモジュールの非エクスポートcom.sun.jmx.remote.internalパッケージのホワイトボックス・テストが含まれている場合、それが必要とするアクセスはオプションを使用して許可することができます。

–add-exports java.management/com.sun.jmx.remote.internal=jmx.wbtest

特殊なケースとして、<target-module>がALL-UNNAMEDの場合、ソースパッケージは、最初に存在するか、後で作成されるかに関係なく、名前のないすべてのモジュールにエクスポートされます。
したがって、java.managementモジュールのsun.managementパッケージへのアクセスは、オプションを介してクラスパス上のすべてのコードに与えることができます。

–add-exports java.management/sun.management=ALL-UNNAMED

–add-exportsオプションを使用すると、指定されたパッケージのパブリックタイプにアクセスできます。
コアリフレクションAPIのsetAccessibleメソッドを使用して、非公開のすべての要素にさらにアクセスしてアクセスできるようにする必要があることがあります。
これを行うには、実行時に–add-opensオプションを使用することができます。
–add-exportsオプションと同じ構文です:

–add-opens <source-module>/<package>=<target-module>(,<target-module>)*

<source-module>と<target-module>はモジュール名で、<package>はパッケージ名です。
–add-opensオプションは複数回使用できますが、ソースモジュールとパッケージ名の特定の組み合わせに対して最大で1回使用できます。
各インスタンスの効果は、名前付きパッケージの修飾されたオープンをソースモジュールからターゲットモジュールに追加することです。
これは基本的に、モジュール宣言のopens節のコマンドライン形式、またはModule :: addOpensメソッドの無制限な形式の呼び出しです。
結果として、ターゲットモジュール内のコードは、ターゲットモジュールがソースモジュールを読み取る限り、
ソースリフレクションAPIを使用して、ソースモジュールの名前付きパッケージ内のパブリックなどのすべてのタイプにアクセスできます。
オープンパッケージは、コンパイル時にエクスポートされていないパッケージと区別できないため、
–add-opensオプションはそのフェーズでは使用できません。

–add-exportsと–add-opensオプションは、細心の注意を払って使用する必要があります。
それらを使用して、ライブラリモジュールの内部API、またはJDK自体のアクセス権を取得することはできますが、自己責任で行ってください。
内部APIが変更または削除された場合、ライブラリまたはアプリケーションは失敗します

 

((((;゚Д゚)))))))

I wish you a Merry Christmas.