Windows 8 Pro 64bit 版バックアップソフト

Windows

Windows 8 Pro 64bit 版バックアップソフトが何種類か発売されています。

私はシステムイメージ丸ごとバックアップし、差分もしくは増分で世代を追加していくものが便利だと思って OS 付属のシステムイメージバックアップよりも

市販されているものをこれまでも使用してきました。

システムの復元を使えば良いとかありますがそれが採用されたときに使い方が悪かったのか?Path がおかしくなって困った覚えがあります。

それでシステム丸ごとバックアップするのが良いかなぁってなったわけです。

時間はかかりますがいざって時に調子の良かった環境に戻せます。

さて、Windows 8 Pro 64bit を導入してからいろいろ試してみた結果をレポートしてみます。

 

[ システム情報 ]

OS 名            Microsoft Windows 8 Pro with Media Center   
バージョン    6.2.9200 ビルド 9200       
M/B            Supermicro X9DAi   
システムモデル    X9DAi       
プロセッサ    Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W 0 @ 3.10GHz、3101 Mhz、8 個のコア、16 個のロジカル プロセッサ   
プロセッサ    Intel(R) Xeon(R) CPU E5-2687W 0 @ 3.10GHz、3101 Mhz、8 個のコア、16 個のロジカル プロセッサ   
BIOS        American Megatrends Inc. 1.0a, 2012/08/13   
SMBIOS バージョン    2.7   
埋め込みコントローラーのバージョン    255.255   
BIOS モード    レガシ       
セキュア ブートの状態    サポートされていません   
PCR7 構成    バインド不可   
ロケール    日本   
ハードウェア アブストラクション レイヤー    バージョン = “6.2.9200.16442”   
タイム ゾーン    東京 (標準時)   
物理メモリ (RAM)    64.0 GB   
合計物理メモリ            64.0 GB   
利用可能な物理メモリ    60.9 GB   
合計仮想メモリ            96.0 GB   
利用可能な仮想メモリ    92.5 GB   
ページ ファイルの空き容量    32.0 GB   
ページ ファイル    C:\pagefile.sys   
Hyper-V – VM モニター モード拡張機能    はい   
Hyper-V – 第 2 レベル アドレス変換拡張機能    はい   
Hyper-V – ファームウェアで仮想化が有効    はい   
Hyper-V – データ実行防止    はい
システムディスク Intel SSD RAID 0 ( 2 台 )
データディスク HDD RAID 0   ( 2 台 )
データディスク HDD
外付け HDD USB3.0 ( 3 台 )

 

以上のような構成になってます。

ちなみに 3D ゲームとかしないのに ELSA GEFORCE GTX680 を一基積んでいます。

 

まず、Windows 7 Pro 64bit の時に愛用していた Acronis の True Image 2013 Plus by Acronis からレポートします。

インストールは問題なし。

Windows 上でのバックアップ問題なし。

Windows 上での復元はディスクモードでは問題あり、元のディスクを選べません。

インストール後にも小さな?問題発生。再起動後にフリーズしたように画面の表示が完了しない。

マウスで画面をクリックすると一瞬真っ白になってからちゃんと立ち上がる。

リカバリーCDからの操作は Logicool MX Revolution Laser Mouse を認識できなかった。

しかし、USB3.0 デバイスを認識していた。拍手(・・||||rパンパンッ

Windows PE のリカバリーディスクを作ろうと思ったが Windows 8 対応の 4.0 じゃなかったのと以上の不具合があるので止めました。

Windows 7 pro 64bit の PC に True Image 2012 Plus by Acronis がインストールされているのでこれはそっちで使用することにします。

もちろん不具合がなければ・・・

 

次に HD革命/BackUp Ver.12 Professional をレポートします。

インストール問題なし。

プログラムの起動画面の右 1/4 くらいが切れて表示されない(><)

純国産ということで評判も上々なので期待していただけにショックが大きい!

この時点でこのプログラムを使う気はなくなった。

試しにリカバリーCDからの動作を確認したがプロンプト画面がうざい。

ドライバの読み込みでこれも表示がきれる。

実用上は支障ないがあまり気持ちの良いものでは無い。

肝心のバックアップとリストアは試してないが Windows 8 対応を謳うならリカバリーディスクから USB3.0 デバイスを認識してほしいね。

 

 

それでは次に PowerX ActiveImage Protector 3.5 Pro を期待をこめて試してみました。

インストール問題なし。

プログラムの起動問題なし。

Windows 上のバックアップ問題なし。

Windows 上の復元、ディスクを選択できない(><)

これって True Image 2013 Plus by Acronis 同じような問題なのか?

重複排除圧縮機能とレプリケーション機能は凄く期待していただけに残念です。

リカバリーCDからの操作は USB3.0 デバイスは認識しませんでした。

ドライバを読み込ませる必要があります。

オリジナルのリカバリーCDを作成するプログラムがあるので必要なドライバを組み込み作成することができます。

非常に親切な作りになってます。

ただし、Windows PE 4.0 ではないのが残念です。

ただ、Windows 8 64bit 版のドライバでは駄目なようで、Windows 7 32bit版のドライバが良いようです。

この製品も Windows 8 対応を謳ってますがシャットダウン時のバックアップとかは Windows 8 では対応してません。

これまで試した製品は今までの Windows 7 対応製品に少し手を加えて Windows 8 でも動くようにとりあえずしただけとしか私には思えてなりません。

 

最後に Paragon Drive Backup 12 Professional をレポートします。

インストール問題なし。

プログラムの起動問題なし。ただし、仮想モードで使用しているため起動が遅い。

Windows 上のバックアップ問題なし。

Windows 上の復元問題なし。ただし、再起動を必要とする場合ブルースクリーンモードになると言う怖いメッセージがでます。

ブルースクリーンって嫌な響きだが実際はブラックスクリーンじゃないか。

それに心配するようなことはなくしっかり仕事をしてくれます。

このソフトはしっかりと元のディスクを認識しますし、もちろん選択可能です。

やっと使えそうなソフトがでてきた。

差分バックアップはディスクではできなくてパーティション単位になるのが少し残念かな。

世代管理をするサイクルバックアップは単一パーティションって・・・・ 

やっぱりディスクで差分サイクルバックアップできたほうがべんりだよね~。今後に期待します。

さて、差分バックファイルが増えてきたらどうするか?

バックアップイメージの統合機能があるのでこれを使えばいいみたい。

他のソフトだと世代管理とか容量管理とかで自動でやってくれるんだけどなぁ・・・。これも今後に期待。

バックアップイメージファイルから任意のファイルを取り出すことは可能か?

バックアップイメージからファイルを復元する機能もあります。

ウィザードまで用意されてました。

もちろん、取り出すことができました。(^^)

ここまでは少し他の製品より不便なところはあるものの問題なく使えそうだなと思ってました。

ところが大きな落とし穴がありました。

このソフトバップアップイメージをボリュームとしてマウントすることができるんです。

やってみました。

Windows 8 のモダンなブルースクリーンを見させていただきました。(゜´Д`゜)

エラーメッセージもしっかり出ていたので再起動後に確認しようとしたら RAID アレイがクラッシュしてしまいました。((((;゜Д゜)))))))

ここでちょっとレポートの内容がシステムクラッシュ時のリカバリCDからのリストアにかわります。

まず、このソフトには Windows PE 4.0 によるリカバリCDをつくるプログラムがあります。

これを作っておくと非常に便利です。

USB メモリーもつくれるようです。

私は小さいと無くしてしまいそうなので CD にしました。

もちろん必要なドライバも事前に組み込み可能です。

USB3.0 デバイスは初めから認識します。

さぁ、いきなりこのようなトラブルでこのソフトの実力を試すことになろうとは思ってみませんでした。

結果はあっけなくすんなりと復元できました。

バックアップイメージファイルを選んで復元先の確認をしてあとはボタンを押して待つだけ。

非常に解りやすくできてます。

ここでもう一度バックアップイメージのマウントを試してみました。

やっぱりブルースクリーン・・・しかも RAID アレイが壊れる。

バックアップイメージファイルをマウントしなくてもファイルを取り出すことは可能なのでこの自爆機能は使わないようにして

このソフトを使っていこうと思います。

 

このように Windows 8 に対応を謳ってるバックアップソフトは何種類か発売されてますが

私の環境ではどれも満足に動作するには至りませんでした。

Windows 8 って昨年発売されたばかりだからこのような問題がでてくるのでしょうか?

ちなみにレポートした Paragon Drive Backup 12 Professional のようにリカバリCDがWindows PE 4.0 ベースで

作成できるようになってなければいけませんね。

でなきゃ、OS 付属のバックアップに負けますよね。

a_001

Hatena タグ:

« »

Comment

  1. Johnk107says:

    2014年6月23日 9:00 AM

    I don’t usually comment but I gotta admit thanks for the post on this great one efadkgddcbee

    返信

Leave a Reply

* が付いている項目は、必須項目です!

次の HTML タグと属性を利用できます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code class="" title="" data-url=""> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <pre class="" title="" data-url=""> <span class="" title="" data-url="">

*

Trackback URL